タワーマンションのデメリット

タワーマンションのデメリット
タワーマンションを購入する際には、メリットだけでなく、デメリットについても確認しておくことが重要です。
デメリットを事前に把握することは、後悔することを避けるために非常に重要なポイントです。
以下に具体的なデメリットを紹介します。
参考ページ:中古住宅購入流れ期間 タワーマンションを購入するメリット・デメリットを解説!
高いランニングコストが発生する
タワーマンションには、管理費や修繕積立金などのランニングコストが高い傾向があります。
サービスの充実度が高いほど、管理費も高くなります。
特にコンシェルジュサービスが充実している場合、それに伴い管理費も自動的に上昇します。
さらに、タワーマンションではエレベーターやエアコン、照明などの設備が通常のマンションに比べて特殊であり、大規模な修繕には多額の費用がかかります。
しかし、タワーマンションの販売時には修繕積立金が低く設定されていたり、メンテナンス費用の見積もりが甘いケースもあります。
したがって、大規模修繕が必要な時に別途請求が発生する可能性があることを理解しておく必要があります。
移動時間が長くなる
タワーマンションの難点としては、通勤や通学の時間帯にエレベーターが混雑することが挙げられます。
最寄り駅までは近い場所にあっても、住戸から1階のエントランスまでに時間がかかることもあります。
ただし、近年では多くのタワーマンションでエレベーターの台数が確保されています。
さらに、停止する階数によって低層階用や中層階用、高層階用のエレベーターが分けられている場合がありますので、新築のタワーマンションであればあまり心配する必要はありません。
ただし、エレベーターの台数は確認することが重要です。
台数が少ない場合、混雑や待ち時間が発生する可能性が高まります。
特に移動や買い物などの際には、エレベーターの待ち時間にストレスを感じることがあるかもしれません。
したがって、エレベーターの台数を確認することは重要なポイントとなります。

上部へスクロール